日々

まいにち。いや、ときどき。

怒涛

4月から職場が変わり、怒涛の日々を送ってます。自分でも自分の人生が予測不能すぎて、なぜ今こんなことをしているのか不思議。でも、今の仕事は充実感もあるし、専門性も活かせるし、いいかなぁと思う。昔からずっと思ってることだけど、こうなったらいいなぁと思うことは絶対に叶わなくて、一度でも頭で想像してしまったことは現実にはならなくて、思いもしなかったこと、考えたことのない選択を実際にはすることになるんだなって。

 

夢があったし、なりたい未来が明確すぎるほどあって、だからこそそうなれない落差で苦しかったけど、今は流されるまま生きていて、それでいいのかなぁと思っている。なんで生きているのか、なんのために生きていくのか、心の底から、明らかにしなくちゃだめなんだって思ってたし、ふわっとしたまま生きていられる人たちに対して理解に苦しむところがあったけど、今はビジョンなんてなにもない。なるようになるかな、って気楽に構えている。これはたぶんいいことだと思う。でも、これもいつもの自分のことを考えると、気楽にいるつもりが、それは気楽っていう蓋で知らない間に覆ってるだけのパターンで、わけのわからないタイミングでその蓋がはずれると、救いようのない考えがこんにちはーって、我が物顔で居座っていたりする。蓋を大地と思っていると、そのマンホールの下には忘れてた執拗な思考回路がある。気をつけないといけない。

 

もう今年は30になる歳で、ハタチのときから10年も経ったんだって思う。隔たりと、なす術のないことに愕然としつつ、やっぱりなるようになるさって、思ってる。