読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々

まいにち。いや、ときどき。

作る

時々、自分の作ったものに対して感想の連絡が来るときがあります。

そういうときはとってもうれしい。

自分のために作ってるわけだけど、それでもどこかで共感してほしいと思っているんだろうな。

自分がやれることは本当にこれくらいしかなくて、

後は何も生み出していない、生産性のないってことはつまりあんまり意味がないってことで 

いや、生産性がなくったって存在に意味のあるものはたくさんあるのだけれど、それが自分に適用されるかどうかは自分では判断がつかないのであって、、、、うーーーん?

 

 

とにかくそういう連絡が来た時は素直にうれしいなぁと思います。伝えてくれたということは、伝えたいという衝動があり、それをわざわざ言葉なりに置き換えるエネルギーを使ってくれたということで

それが何より心に沁み渡る。誰かが自分にエネルギーを使ってくれるなんて。。!とか書いていると我ながら自己評価が低すぎるか。良くない良くない。

自分にできることをやっていれば見ていてくれる人はいるんだなぁ。それは信じてもいいよね。それを信じなければ、受け取ってくれた人に申し訳ないものね。ほんとにどうもありがとう。