読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々

まいにち。いや、ときどき。

時計

今日は一日布団にこもってひたすらねた
今が何時かもよくわからなかった。
そういえばわたしの部屋には時計がない。そもそも秒針のかちかちがうるさくて時計を置かなくなって、それから必要なくなった。今何時かわからないほうがなんか、時間がたわんで、縛られなくていいような気がする。
もうすぐ住んで一年になるこの部屋は日当たりが良くないので、外の光の影響がほぼない。電気をつけると部屋はもう一定で、一体今何時なのかがさっぱりわからない。テレビもつけず、こんこんと眠った。音もなくて時間もなくて とてもひとりだった。別にいい。なにもいらない。本も読まず、映画も見なかった。いつもなら自己嫌悪に陥るけど、今日はそれすらどうでもよかった。どこにもだれにも属さない一日だった。別にいい。なにもいらない。