読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々

まいにち。いや、ときどき。

君の一生

昨日から家の外の壁に小さな蛾が止まってる。
昨日の夜もそこにいて、今日の朝もいて、
そして夜帰宅してもまだいる。
君、一体どれだけそこにいるつもりなのか。
君の一生はどのくらいなのだ。その何割をなぜここで過ごすのか。
きっとここでは生殖も出来ないぞ。ただでさえ寒いのに!
君はなんのために生きているのだー!わからん。