読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々

まいにち。いや、ときどき。

映画の話 「ザ・トライブ」

今年のベストムービーは(まだ1週間くらい残ってるけど)「Mommy 」に決まりだと思う。

この作品の良さは以前書いたから良いとして、他に心に残ったものはー。。。

 

「ザ・トライブ」。

これはウクライナの監督の作品で、ある寄宿学校が舞台、出演者がみんな聾者です。耳が聞こえないので、すべて手話で会話するんだけど、字幕などはつきません。ので、観客はずっとジェスチャーを解読するような感じで、文字どおりキャストの一挙手一投足を食い入るように見つめることになる。音楽も挿入されないので、しんとしています。彼らの音のない世界のように。また雪国の感じが静謐さをさらに際立たせるんだなー。

トライブ、の名の通り、彼らはいわゆるチンピラ?みたいな感じ。お金を巻き上げたり、売春したり。お行儀のいい人たちじゃない。つまり、障害者の感動モノ、じゃなくて、むしろ底辺の生々しい若者たちが描かれます。暴力とか性が、がつんと来る。

なんていうのか、洗練された作品、とはまた違うのだけれど、意欲作だし、衝撃もかなりあると思います。カンヌ系が好きな人にはおすすめです。