読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々

まいにち。いや、ときどき。

夢日記

夢をよく見るので、起きたらすぐに書き留めておこうと思うのだけれど、

あんなに鮮明な夢だったはずなのに、目が覚めてしまうと途端に思い出せなくなってしまう。

少なくとも昨晩の夢は、大人数で寄ってたかって人を殺していたような気がする。その後ろめたさと、狂気だけが生々しく残っている。

 

夢を見た時は、とても奇妙なものを見たと思う。奇想天外なあらすじだったと思う。

でも書き起こしてみると、やっぱりそれはすでに自分が見たことのある風景や、ストーリーの焼き直しであったことがわかる。脳の中には膨大な記憶がストックされていて、そこから使いまわしているにすぎない。オリジナリティなんてものはたぶん存在しないんだろう。