読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々

まいにち。いや、ときどき。

暗くてすいません。

決壊寸前です。警報。警報。水槽の水はもうてっぺんの際々で、表面張力やぶれそう。

耳元で真っ黒な闇が巨大な口をぽっかりと開けています。その口から冷たい嫌な呼吸が聞こえる。臭いがする。耳に当たる。

どうしよう。どうしたらいい?

死ぬことも許されず、でも誰にも必要とされないのなら、初めから生まれたくなかった。

と、しみじみと思う。寝なきゃ。