日々

まいにち。いや、ときどき。

浴衣

土曜日は恒例の、地元の夏祭り。
浴衣を着ようと思って、練習。
去年特訓した成果もあって、今年はすんなり着ることが出来そうです。

わたしは祖母のことを、あーちゃん、と呼んでいます。

あーちゃんはお料理がとても上手。
和食を伝授して!と頼んだら、
「つーっと」、と言う。
醤油をつーっとして、みりんをつーっとして、
それで終わり!とのこと。
むずかしいことは何もないのだと。

それじゃわかんないよ!と思いつつ、
なんかすごく素敵なこと教わった、と
一生忘れないだろうな、と思いました。


去年。浴衣の着付けに戸惑っていた私に
あーちゃんが言ったのは、
「しょん」。
右と左から手を入れて、しょんっとするのだ、と。
なにそれ!!

また今年、浴衣を出して、どうするんだったっけ?
そうだ、しょんっとするんだった。
ふわーっと嬉しい気分になりました。

あーちゃん、
ひとりで浴衣着れるようになったよ。