日々

まいにち。いや、ときどき。

hiccups

今日はしゃっくり地獄でした。なんかすごい久しぶりにしゃっくり出た気がする。

 

朝唐突に始まって、水を飲んでは止まり、忘れた頃にまた始まる。職場は静かなので、ひっく!って言うと超ばれる。恥ずかしかった。

 

エドウィン・マルハウス と 異邦人

最近近所に某コーヒーチェーンができたので、通いつめて本を読んでいます。

かなり自分的に最高な2冊を読んだのでその話。

 

1冊目はミルハウザーの「エドウィン・マルハウス」。

10歳くらいの子供が書いている伝記、という設定で、その伝記の主人公というのが隣に住んでいる同い年のエドウィン(11歳没)、というちょっと変わった小説。

とにかく素敵なのが、子供が見ている世界の表現。美しさと同時に、色んなことが未知だから畏怖の対象に満ちている。たとえば、いつも遊んでいるエリアから一本違う道に入ると、まるで知らない別の世界に迷い込むみたいに感じること。月の光とか川面の反射とかおもちゃとか教室の椅子とか窓から見る台風とか。宝石みたいな言い回しがたくさんあって、ほんとに楽しい。でもこの小説は、そんなきらきらした子供の物語ではなくて、けっこうダークというか、子供ならではの残酷さとか、逆にまったく子供らしくない確執とか明晰さとかがたくさんあって、だからぞくぞくする。完全に大人が読むための物語。エドウィンの初恋とかも、狂おしすぎて甘いどころか悪夢だし…。

文章の書き手とエドウィンとの関係も、親友でありリスペクトしあいながらも軽蔑しあっている、という絶妙な感じがいい。まぁとにかく好きだった。

ガルシア・マルケスとか村上春樹とか、現実じゃないことが起こる物語がすごく好きで、比喩表現とかが素晴らしいと、あぁ文学じゃないとできないことだよなぁと、とても気持ちがよくなる。ミルハウザーもそういう美しくて独創的な比喩表現に溢れていて、満ち足りた気持ちになった。

 

2冊目はカミュの「異邦人」。さっき現実じゃないことが起こるものが好きだと書いたけど、もう一つ好きなラインがあって、どこまでもリアルで、人間の心をずぶずぶと炙り出して行く系譜。この小説がこんなに面白いと想像してなかった。なんとなく古典ぽい小難しそうなイメージだった。けど全然古さを感じない(1942年の作品)。

一人称で書かれていて、ざっくりいうと人を殺して、そのあと裁判、死刑確定っていう話なのだけど、作者が本当に人殺しをしたことがあって裁判にかけられたことがあるかのようなリアルな描写がすごい。とにかく全編通して太陽がぎらぎらと照りつけていること、暑さ、がはびこっている。超絶ドライで他人から理解されない主人公だけど、読者は一人称だから彼の考えていること、というか感じていることはわかる。

何年か前、中村文則の「銃」を読んだ時に衝撃を受けたけど、こういう小説はすでにとっくの昔に傑作として世にあったんだ、と当たり前のようなことに気づく。ラストは泣くような展開じゃないのに、圧倒されすぎてうる目で読み終えた。

 

こないだ話した人が、わざわざ本を読んで暗い気持ちになりたくないから、読んで楽しくなるものを読む、と言っていて、なるほどなぁ、確かになぁとなんか納得した。でも私はこの2冊みたいに、読んで自分をじわーっと満たしてくれる、文学でしか担えない領域を穴を埋めてくみたいに覆ってくれる、そんな物語が好きだ。好きだー!

我が家の生き物

我が家には魚が3匹とうさぎが1匹います。

みんなタフで健やかで、いい友達です。

 

お魚ちゃんはアカヒレの「くまやん」と「やごちゃん」、白めだかの「しろ」。水槽もリニューアルしてガラスのスタイリッシュなやつにお引越し。あんな少量の餌でこんなにもりもり育つなんてほんとに不思議。透き通った体の中に内臓の部分が見えて、日に日に肥えていっている。

 

うさぎは黒いネザーの「うた」。うさぎは怒るとぶーぶー鳴いたり、足をだんだん鳴らして抗議したりするらしいのだけど、うたはそういうことは一切したことない。赤ちゃんの頃は上手におトイレできたのに、思春期に突入したら反抗期なのか?トイレ以外でするようになって。家族はそれは嘆いたのだけれど、何ヶ月か放っておいたらまた最近出来るようになってきた。あたし、今までこんな不潔なことしてたのかしら!?とかなんとか思って改めたんだと思う。

 

とにかくみんな元気でなにより。生き物ってとってもかわいいです。

あけまして

あけましておめでとうございます。

平成29年かー、2017年かー、なんだか未来感がしがしするけど、自分の中身はちっとも変わっていなくて置いてきぼり感。

でも、最近白髪が増えてきて…、、、あぁ。髪を染めたりしなきゃいけないんだろうか?とか思いはじめたこの頃。やはり老けていっている。

f:id:utaesakana:20170107122137j:image

↑大晦日に見たカピバラさん、超絶悶絶かわいい。

 

今年の目標は免許を取って車を買うことです。で車に乗って、山の中にあるいい感じのカフェを発掘して、そこに通うのが夢です。がんばりまーす。

 

 

本のはなし

読んだ本を記録できるアプリを見つけたので、ここ数年のをざっと書き出して入力してみたら、なかなか面白い。入れると自動的に表紙の画像が挿入されるのでとても見やすいの。

f:id:utaesakana:20161218220202p:image

たとえばこのあたりは、町田康さんにどはまりしていたあたりかな。でも同時期に漫画もあればガルシアマルケスもあり、佐藤泰志あり、中村文則あり、リディアデイヴィスあり。下の方に「その女アレックス」もいますね。これ読むまではほとんどミステリーって読んだことなかったんだけど。このピエール・ルメートルさんの書くやつはめちゃ面白い。ぐんぐん読める。てな感じでごった煮!

 

今は松本大洋にまたはまってる。GOGOモンスターという作品を、買ったはいいけど部屋に放置していて…それを読んだんです。いやー眩暈のしそうな素晴らしい作品でした。やっぱりこの人好き!と思った。

最近は絵本とかもね、読んだりして。やっぱごった煮だな!年末年始はたくさん読みたいねぇー

 

こんな感じで映画を記録できるアプリがあるといいんだけど。いくつか試してみたけどなんだか使いにくくて…。シンプルでいいのにね。いいやつあったら教えてほしい。

トーキョー

こっちにいると欲しい洋服屋さんがなくて、全然服を買っていなかった。

季節が変われば仕事に必要な服を買うだけ。だから飢えた。わたしは飢えた!

きらきらしたお洋服に囲まれて、この手でさわって、試着して、あぁだこうだと悩みたい!!!!!!

仕事用とかじゃなく、ただ着たいと思うかわいい服が買いたい!!!!!!!

 

というわけで、今日は行ってきた。おひさしぶりの東京。一日表参道近辺をうろうろ。

その店ごとに、欲しいと思ったら買う!をモットーに。とりあえずキープして次の店‥とかやってると結局優柔不断になってなにも買えなくなる。これいつものパターンなので。。

だから今日はがっつり買い物したよ!これが買い物ってやつだよ!すっきりした!うれしい。

で夜にね、あぁ予算内で買いたいものもほぼ買えたし満足!さぁ帰ろう!って駅に向かって歩いていたら、すぅーっと靴屋さんに吸い込まれてしまって。そこで今日イチの散財をするっていう、サプライズが待っていた。

わたしはショセっていうブランドの革靴をそれはそれは愛用してまして、もう何年も修理しては履き続けているわけなのですが。革靴ってちゃんとお手入れが必要だし、それは全然好きだからかまわないんだけど、困るのが雨。革は水が大敵なので、天気予報でその日崩れそうだと思ったら、もう他に履ける靴がなくなっちゃう。あるのはいつも仕事で履きふるしてるスニーカーだけ。あとは長靴か。だから、そこまで天気に神経質にならなくてもよくて、デザイン性もあって、ちゃんといいもの、また何年も履き続けられるものがほしいなと思っていたのでした。ショセの靴よりは安めではあるものの、いいお値段でした、、でも結局買った!

とてもいい買い物をしたと思う!いいものを買って何年も使う。物持ちがいいっていうのは素敵なことだとわたしは思います。

それにね、その靴屋さんではじめは2足迷ったの。ぺたんこの茶色の紐靴と、黒のヒール(ヒールっていってもすごくカジュアルなんだけど)。茶色の方はすごく自分にしっくり来ていた。でもいかにも自分らしすぎて、ちょっと新たな境地に行ってみたくなったの!笑 だから黒を選びました。ふふふふ。なんか少し変われた気分。

 

行きたかったカフェ2つも行けた。どちらも初めて行ったのだけど、特に夕方に行ったカフェは一気にお気に入りに昇格した。また絶対行くー。

 

東京はやっぱり落ち着く。今日は日曜日で人が多かったけど、関係なく落ち着く。なんだろうなぁ、この感覚は。

 

隙間をぬって

人間嫌いは加速していて、好きな人から誘ってもらわない限り外には出ていっていない。

出きる限りフィクションの中に埋没していたい。じゃないと隙間ができてしまうから。

 

今日はその隙間をぬって侵入されてしまった。我にかえってしまった。いろんなものを失ったことや、それは自分のせいだったことについて考えた。鮮やかに思える記憶を、そんなことしたって意味ないのに、引っ張り出して並べた。壊してしまったのは、壊れてしまった自分だった。自分がもっとタフな人間だったら、今でも生ぬるい幸福の中にいられたんだろうか。壊れたくて壊れたんじゃなかった。でも周りからしたら、勝手に壊れられて迷惑しただけなんだろう。